顔の脱毛

「光脱毛」を行っているサロンが一番キャンペーン展開する部位はやはりワキなのですが、他にどういう部位を脱毛することが出来るのでしょうか。

 

例えば、ワキ・足・腕・背中・デリケートゾーンなどは、人気らしいのですが、顔の産毛等を「光脱毛」するということは可能なのでしょうか。

 

結論から言うと、可能なところでは可能ですが、どこでも行けばやってくれるというわけではなさそうです。

 

まず、「光脱毛」の光はメラニン色素に反応するように作られているので、どちらかといえば毛が黒い方が効果を発揮します。

 

顔の産毛は、女性の場合は男性ほど黒く太くはないので、通常の「光脱毛」の光では眉毛やまつげにはよく反応するでしょうが、産毛にはうまく作用してくれない可能性が高いのです。

 

そこで、光の波長を調節して、色素の薄い、細い毛のほうをよく脱毛してくれる光脱毛機が開発されており、そういったものは、顔の産毛にもよく作用すると思います。そのような脱毛機を導入しているサロンでなら、顔の脱毛にも対応しているでしょう。

 

それに、メラニン色素に反応するということは、目の黒目の部分にも反応してしまい、とても危険なことになりかねません。

 

そういった意味でも、光脱毛を受ける際には、目の上にタオルをかぶせるなどして保護することが多いのですが、顔の脱毛となると、益々危険度が高まってしまうので、行っていないサロンも多いようです。

 

人によってはてんかんのような既往症を持っており、光に対してのアレルギー反応が出ますし、場合によっては死に至ることもある病気ですから、余計に注意が必要となるわけですよね。

 

それから、ほくろやタトゥーなども「光脱毛」の光はかなりの高熱を短時間で与えてしまうことになるのでとても危険です。

 

脱毛の方法にも色々ありますので、定期的にシェービングのつもりで通うなら「糸脱毛」がよかったり、毛根から根絶してしまいたいなら、痛みに耐えて電気脱毛、ニードル脱毛をお願いするのが確実です。

 

これらは、メラニン色素にも関係がありません。しかし、価格は光脱毛より高くなってしまうと思うので、お財布との相談が必要ですね。